yjimage
政に忠誠を誓う秦国の文官で、後に左丞相へ昇進。
かつては最前線で戦っていた武人であり豊富な実戦の経験を持つ。
正を秦王として担ぐため、自らの派閥を秦王派として立ち上げる。

末席文官の頃は発言力が無くとも、武人としての経験から軍事については国軍司令官の昌平君に助言を求められたりした。また、王騎からも武骨な賢人として高く評価され、摎の素性に関する重大な秘密を打ち明けられている。
 
呂不韋の相国昇格に伴い、その昇格を逆手に取った政陣営によって左丞相となった。
 
政が正式な秦王となれたのも、おっさんのおかげだね!
信との出会いもこの人なくしてなかったわけだし、 王騎との間柄がなければ反乱で全滅していたろうし・・。
間違いなく大功労者です。